村長のごあいさつ

ようこそ「日本一小さな村」舟橋村へ

舟橋村は、富山県のほぼ中央部に位置し、面積3.47km2と日本一小さな自治体です。
県都富山市へのアクセスの良さから、平成元年から開始した宅地造成をきっかけに本村の人口は倍増、特に子育て世代が多く転入してきました。平成27年の国勢調査では、年少人口割合が18.4%と全国で14位になっています。
しかし一方で、本村においても少子高齢化の波は避けられず、出生率の向上と子育て世帯の継続的な転入を図ることによって、現有の人口構造を維持し、持続可能な村づくりを進めることが求められております。
これを受けて、現在進めております子育て共助のまちづくり事業は、「舟橋村でならもう一人子どもが産みたい」と思える村づくりを推進するものであります。
ご高覧いただきました皆様方には、村の姿を凝縮したこのホームページから、本村への理解や思いをより深めていただければ幸甚です。

舟橋村長 金森 勝雄

村長プロフィール

氏名 金森 勝雄(かなもり かつお)
生年月日 昭和18年9月25日
学歴 昭和37年3月 富山第一高等学校卒業
経歴
昭和38年4月 舟橋村役場入庁(奉職)
昭和56年4月 舟橋村住民課長
平成05年4月 舟橋村総務課長
平成12年4月 舟橋村助役
平成17年1月 舟橋村長(現在4期目)
平成17年1月 富山県地域振興団体協議会監事
平成26年9月 富山県国民健康保険団体連合会理事
平成27年6月 富山県町村会長
平成27年7月 富山県市町村会館管理組合副組合長
平成27年7月 富山県市町村総合事務組合副管理者
平成29年7月 全国町村会副会長(会長代行)