年金・保険

後期高齢者医療制度〈問い合わせ 生活環境課〉

75歳(一定の障害のある方は65歳)以上の方は、後期高齢者医療制度で診療を受けることになっています。
75歳の誕生日(月の初日生まれの方はその月より、又65歳以上の一定の障害のある方は、村長が認定した日)から診療を受けることができます。

後期高齢者医療制度/診療を受けるときは

被保険者証(保険証)を病院などの窓口でお見せください。
なお、医者にかかったときの費用は所得に応じてかかった医療費の1割または3割を病院の窓口で負担します。

高額医療費に支給

1ケ月の医療費が自己負担額を超えた場合、超えた分が後日支給されます。村から高額医療費支給申請書を郵送しますので、受け取ってから申請してください。申請は初回のみで、それ以降は指定された口座へ振り込みます。
低所得I・IIに該当する方は、自己負担限度額や入院時の食事代が減額されます。「限度額適用・標準負担額減額認定書」が必要となります。

自己負担限度額(月額)
所得区分 外来(個人ごと)の
限度額
外来+入院(世帯ごと)の
限度額
現役並み
所得がある方
44,400円まで 80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%を加算
※過去12ケ月間に4回以上高額医療費の支給があった場合、4回目以降は44,400円(多数該当)。
一般 12,000円まで 44,400円まで
低所得
住民税
非課税等
I 8,000円まで 24,600円まで
II 15,000円まで

一部しか表示されない場合は指でフリックしてください。

※外来(個人ごと)の限度額による支給は、多数該当の回数に含みません。

後期高齢者医療制度/保険証などが変ったとき

他の市町村に転出したり、他の保険の被扶養者になったときなどは、保険証と印鑑を持って、生活環境課へお届けください。

後期高齢者医療制度/第三者の行為でけがをしたとき

交通事故や傷害事件など第三者(加害者)から受けた“けが”などの治療費は、原則として加害者が負担することになっていますので、必ず生活環境課へお届けください。

後期高齢者医療制度/医療費通知

病気やケガで診療を受た方には、後日かかった医療費額を郵便でお知らせいたします。これは、医療費の額を知ることで健康の大切さを認識していただくために実施するものです。

こんなときは

  • 結婚
  • 妊娠/出産
  • 子育て
  • 就学
  • 就職
  • 引越し
  • 住宅
  • 介護
  • 死亡/相続