年金・保険

後期高齢者医療制度〈問い合わせ 生活環境課〉

対象者

  • (1)75歳以上の方
    (75歳の誕生日から被保険者になります。)
  • (2)65歳以上75歳未満で一定の障害のある方
    (申請をして、広域連合の認定を受けた日から被保険者になります。ただし、この制度への加入は任意です。)
    • 国民年金法等における障害年金:1・2級
    • 身体障害者手帳:1・2・3級及び4級の一部
    • 精神障害者保健福祉手帳:1・2級
    • 療育手帳:A

※他の医療保険制度との二重加入防止のため、後期高齢者医療保険制度加入後、それまで加入していた医療保険制度の資格喪失の手続きが必要です。
※上記(2)の方で、後期高齢者医療保険制度に加入された方は、世帯全員の所得状況によって医療費助成を受けることができます。

後期高齢者医療制度/医療を受けるときは

  • (1)「後期高齢者医療保険証」を医療機関などの窓口に提示して一部負担金を支払ってください。
    一部負担金の割合
    • 現役並み所得者・・・かかった医療費の3割負担
    • 現役並み所得者以外・・・かかった医療費の1割負担

受けられる給付

  • (1)医療費の自己負担限度額
    • 「後期高齢者医療保険証」や「限度額適用・標準負担額認定証」を医療機関の窓口に提示することでひと月の支払いが自己負担限度額にとどめられます。
    • 医療機関の窓口に、
      • 現役並み所得者及び一般の方は「後期高齢者医療保険証」を提示してください。
      • 低所得者Ⅱ・Ⅰの方は「後期高齢者医療保険証」と「限度額適用・標準負担額認定証」を提示してください。
        ※事前に生活環境課窓口での申請手続が必要です。
    自己負担限度額(月額)
    所得区分 外来(個人単位) 入院+外来(世帯単位)
    課税所得
    690万円以上
    252,600円+(医療費の総額-842,000円)×1%
    4回目以降は、140,100円
    課税所得380万円以上
    690万円未満
    167,400円+(医療費の総額-558,000円)×1%
    4回目以降は、93,000円
    課税所得145万円以上
    380万円未満
    8,80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%
    4回目以降は、44,400円
    一般 18,000円
    年間上限144,000円
    57,600円
    4回目以降は、44,400円
    低所得Ⅱ 8,000円 24,600円
    低所得Ⅰ 8,000円 15,000円

    (※1)現役並み所得者及び一般の方が過去12ヶ月以内に、外来+入院の限度額を超える支給を4回以上受けた場合、4回目以降は44,400円となります。
    (※2)年間144,000円が上限です。

  • (2)高額療養費の支給
    • 1ヶ月(同じ月内)の医療費の自己負担額が定められた限度額を超えた場合、申請により限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。
    • 該当される方には、富山県後期高齢者医療広域連合から高額療養費支給申請書が郵送されますので、受け取ってから申請してください。
      申請は初回のみで、2回目以降は指定された口座へ振り込まれます。
  • (3)入院時の食事代(一般病床)
    • 入院したときは、一食あたり次の標準負担額を自己負担します。
    所得区分 食費(一食あたり)
    現役並み所得者・一般 360円
    低所得者Ⅱ 90日までの入院 210円
    過去12ヶ月で90日を超える入院 160円
    低所得者Ⅰ 100円
  • (4)療養病床入院時の食費・居住費
    • 療養病床に入院したときは、食費と居住費の一部を自己負担します。
    所得区分 食費(一食あたり) 居住費(1日あたり)
    現役並み所得者・一般 460円 370円
    低所得者Ⅱ 210円
    低所得者Ⅰ 130円
    低所得者Ⅰ(老齢福祉年金受給者) 100円 0円
  • (5)療高額医療・高額介護合算制度
    • 同一世帯内に医療保険と介護保険の両方の自己負担額がある世帯が対象となります。
    • 世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者が1年間に支払った医療保険と介護保険の自己負担額を合算し、下記の限度額を超えた場合に、その超えた額が支給されます。
    合算する場合の限度額(年額)(毎年8月から翌年7月までの間が計算期間となります。)
    所得区分 後期高齢者医療+介護保険の限度額
    現役並み所得者 67万円
    一般 56万円
    低所得者Ⅱ 31万円
    低所得者Ⅰ 19万円

    ※医療費または介護サービス費のどちらかの自己負担額が0円の場合は対象となりません。
    ※低所得者Ⅰで介護保険の受給者が複数いる世帯の場合は、限度額の適用方法が異なります。
    ※支給額が500円以下の場合は支給されません。

  • (6)葬祭費
    • 被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った人に対して申請により葬祭費が支給されます。
  • (7)後期高齢者の健康診査
    • 生活習慣病の予防や早期発見、早期治療のために、健康診査を実施しています。健診を受けて健康管理につとめましょう。

    ※医療機関で生活習慣病の治療を受けている場合は、必ずしも健康診査を受ける必要はありません。

  • (8)人間ドック(一般ドック・脳ドック)の助成
    • 人間ドックを受診される場合、年度内に1回限り、その費用の一部を助成します。
    ○対象者 ドック受診予定日現在、後期高齢者医療制度に加入している方
    (ただし、保険料を滞納していない方)
    ※人間ドックの助成を受ける方は、後期高齢者の健康診査を受診することはできません。
    ○申請方法 ご本人が検査機関で検査日を予約した後、被保険者証、印鑑(認印)をお持ちの上、ドックを受診する日の14日前までに生活環境課窓口で申請してください
    ○助成額 費用の2分の1(15,000円を上限)

    交通事故など、誰か(第三者)の行為によりけがをした場合、後期高齢者医療制度により治療を受けるときは届け出が必要です。このような場合の治療費(医療費)は、けがをさせた人(加害者)が全額を負担しなければなりませんが、一時的に広域連合が治療費を立て替え、後日加害者に請求することになります。
    必ず被害届を生活環境課窓口に提出してください。

高額医療費に支給

1ケ月の医療費が自己負担額を超えた場合、超えた分が後日支給されます。村から高額医療費支給申請書を郵送しますので、受け取ってから申請してください。申請は初回のみで、それ以降は指定された口座へ振り込みます。
低所得I・IIに該当する方は、自己負担限度額や入院時の食事代が減額されます。「限度額適用・標準負担額減額認定書」が必要となります。

自己負担限度額(月額)
所得区分 外来(個人ごと)の
限度額
外来+入院(世帯ごと)の
限度額
現役並み
所得がある方
57,600円まで 80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%を加算
※過去12ケ月間に4回以上高額医療費の支給があった場合、4回目以降は44,400円(多数該当)。
一般 14,000円まで 44,400円まで
低所得
住民税
非課税等
I 8,000円まで 24,600円まで
II 15,000円まで

一部しか表示されない場合は指でフリックしてください。

※外来(個人ごと)の限度額による支給は、多数該当の回数に含みません。

後期高齢者医療制度/保険証などが変わったとき

他の市町村に転出したり、他の保険の被扶養者になったときなどは、保険証と印鑑を持って、生活環境課へお届けください。

後期高齢者医療制度/第三者の行為でけがをしたとき

交通事故や傷害事件など第三者(加害者)から受けた“けが”などの治療費は、原則として加害者が負担することになっていますので、必ず生活環境課へお届けください。

後期高齢者医療制度/医療費通知

病気やケガで診療を受た方には、後日かかった医療費額を郵便でお知らせいたします。これは、医療費の額を知ることで健康の大切さを認識していただくために実施するものです。

こんなときは

  • 結婚
  • 妊娠/出産
  • 子育て
  • 就学
  • 就職
  • 引越し
  • 住宅
  • 介護
  • 死亡/相続